メルセデス AMG A45 次期型、400馬力スーパーハッチの“顔”が見えてきた

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
メルセデスベンツ『Aクラス』のハイパフォーマンスモデル『AMG A45』を、ニュルブルクリンク付近の路上で捉えた。

徐々に軽くなる偽装からは、次期型ではフロントグリルにクロームフィンを縦に配置した「AMGパナメリカーナグリル」が装着されることが発覚。これは1952年の名車『300SL カレラ・パナメリカーナ・メヒコ』に由来する伝統のグリルで、「GT3」を始め今後の新型AMG車に順次採用される予定だ。

最新の開発車両には、「コンセプトAセダン」に似た切れ長のヘッドライト、フロントスプリッター、サイドスカート、クワッドエキゾーストパイプが確認出来る。また生産型では、さらに大型リアスポイラーも装着される可能性があるようだ。

次期型では、ルノー日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。低いロングノーズでワイドなシルエットを特徴としている。

パワートレインは、2リットル直列4気筒エンジンで、最高出力は現行モデルの375psから402ps程度に引き上げられる。軽量化されるボディからもパフォーマンスが大幅に向上、0-100km/h加速は脅威の4.3秒と、最上級スポーツカーレベルまで達する。

ベースモデルの「Aクラス」新型は2018年、「AMG A45」は2019年のワールドプレミアとなりそうだ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集