【東京モーターショー2017】VW、eモビリティの新型車を中心に展示

自動車 ニューモデル モーターショー

フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
  • フォルクスワーゲンはeモビリティの新型車やコンセプトカーを展示。
フォルクスワーゲンブースでは、同社が導入を進めているプラグインハイブリッド車の『パサートGTE』や、発表されたばかりの電気自動車『eゴルフ』など、eモビリティの新型車を中心に展示している。

プレスカンファレンスで、同社の乗用車ブランド・セールス・マーケティング・アフターセールス担当のユルゲン・シュタックマン取締役は「Transform 2025+と名付けた戦略において、コアラインナップの刷新に続き、まったく新しい電気自動車であるI.Dファミリーによる史上最大の新車攻勢を進めていく」と宣言した。

ステージ上には「I.D.ファミリー」に属する『I.D. BUZZ』を日本で初めて展示。2022年から生産が予定されており、「MEB」と呼ばれる新しい車両アーキテクチャをベースにしている。

また、同社の新たなフラッグシップモデルとなる『Arteon』も展示。こちらは2.0リットルTSIエンジンと、4輪駆動(4MOTION)を組み合わせ、部分的な自動運転機能も備えたモデルとなっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集