ポルシェ 911 カレラ に「T」…遮音材省略、後席撤去で20kgの軽量化

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911カレラT
  • ポルシェ 911カレラT
  • ポルシェ 911カレラT
  • ポルシェ 911カレラT
  • ポルシェ 911カレラT
  • ポルシェ 911カレラT
ポルシェは10月23日、『911』シリーズに新グレードの「911カレラT」を設定すると発表した。

911カレラTは「911カレラ」をベースに、さらなる走り志向の顧客に向けて開発された新グレード。軽量化が図られており、リアウィンドウとリアサイドウィンドウを軽量ガラスに変更。遮音材も大幅に省かれた。後席も取り払われた結果、911カレラ比で20kg軽い1425kgの車両重量を実現する。

足回りは、911カレラには用意されないスポーツシャシー、「PASM」を標準化。車高は20mm低められた。シフトレバーも、ショートストローク化。リアアクスルステアリングがオプションで選択できる。

パワートレインは911カレラ譲りの3.0リットル水平対向6ガソリンツインターボ。最大出力370hp、最大トルク45.9kgmを発生する。0~100km/h加速は4.5秒と、911カレラに対して、0.1秒短縮。PDKの場合、0~100km/h加速は4.2秒。MT、PDKともに、最高速は290km/h以上に到達する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集