トヨタ プリウスα がクロスオーバーに変身…次期型スクープ

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
  • トヨタ プリウスα 次期型スクープ写真
トヨタ『プリウス』の派生ミニバン『プリウスα』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクの高速テストを開始、その模様をレスポンスの兄弟サイトSpyder7が始めて捉えた。

「プリウスα」は、2列5人乗りのステーションワゴンタイプと3列7人乗りのミニバンタイプがある派生モデルで、欧州では「プリウス+」、北米では「プリウスV」の名を持つ。ベースである現行プリウスは、2015年にプラットフォームを刷新したが、プリウスαは従来型のまま販売を続けている。

今回スクープした次期型の開発車両の姿から、ボディが大刷新されることが判明。現行モデルと比較してノーズは伸び、リアピラーデザインを大幅に変更。より広い後席の居住空間を生むためにルーフが高くなっている。これにより次期型はワゴンでもミニバンでもない、レクサス『NX』のような「クロスオーバー」に近いデザインとなることが判明した。その違いはリビューからも一目瞭然だ。

面白いのはテールライトだ。現行とは大きく異なる水平基調の薄型タイプだが、よく見ればレクサスNXのものが装着されていることがわかる。これはフェイクと思われるが、生産モデルでも近い形状が採用される可能性が高い。またフロントマスクはプリウスとほぼ同じデザインとなりそうだ。

パワートレインはプリウス同様、1.8リットル直列4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、JC08モード燃費で33km~35kmを目指しているという。

ワールドプレミアは、早ければ2017年内もあるが、2018年前半が有力とレポートされている。
◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集