トヨタ セリカ、米国で復活か…86 改め?

自動車 ビジネス 企業動向

7代目トヨタ・セリカ(米国仕様)
  • 7代目トヨタ・セリカ(米国仕様)
  • 7代目トヨタ・セリカ(米国仕様)
  • 7代目トヨタ・セリカ(米国仕様)
  • 7代目トヨタ・セリカ(米国仕様)
トヨタ自動車が米国において、『セリカ』(CELICA)の車名を商標登録していたことが判明した。

これは、米国USPTO(特許商標庁)が公式サイトで明らかにしているもの。トヨタの愛知県豊田市の本社の名義で、セリカの車名が商標登録されたことが記されている。

セリカといえば、1970年に初代モデルが登場。2ドアのスポーツ&スペシャルティクーペの先駆的モデルとして、人気を博した。その後、モデルチェンジを重ねながら7世代目まで進化。しかし、2ドアクーペ市場の縮小により、2006年に生産を終了した。

なお、セリカは米国でも2005年モデルまで販売されていた。今回の米国特許商標庁の記載は、生産終了からおよそ10年を経て、トヨタがセリカの車名を再び商標登録したことを示すものだ。

なおセリカの名前は、米国ではトヨタ『86』の次期モデルに使用されるとの情報もある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集