ヒュンダイ小型SUVにEV登場…航続400km、電動化でも ジューク がライバル?

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ EV スクープ写真
6月に発表されたばかりのヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』に、EVが投入されることがわかった。

「コナ」は若い世代をターゲットに、新世代SUVとして誕生。日産『ジューク』ハンターとしての使命も背負っている。この秋にも登場が予定されているジューク新型には、モーターのみで走る「e-POWER」の投入も予想されており、ライバル同士の次なる戦いはEV対決へとステージを進める。

Spyder7のカメラが初めて捉えた「コナEV」プロトタイプの姿からは、薄型デイタイムランニングライトはそのままだが、バンパーのエアダクト形状は専用のものが与えられていることがわかる。勿論エキゾーストパイプは持たない。

現地取材班によると、その実力は50kWhバッテリーを搭載し、390kmの航続距離を達成するとレポートされている。

室内には、クラス最高の輝度を誇るヘッドアップディスプレイ(HUD)を搭載する他、プレミアムインフォテインメントシステムでは、Apple CarPlayやAndroid Auto対応、車載コネクティビティの充実が図られる。

発売予定は2018年とされている。
◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集