【ホンダ レブル250/500 動画試乗】軽快でスポーティな250、重厚な走りと鼓動が楽しい500…佐川健太郎

モーターサイクル 新型車
ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
  • ホンダ レブル250/500 動画試乗
ベテラン世代には懐かしい響きだ。軽快なアメリカンクルーザー「レブル」が31年ぶりに新型となって再登場した。新型レブルは主に北米において「ジェネレーションY」世代、つまり80~90年代に生まれた比較的若い世代に向けて開発したクルーザーモデルである。開発においては、若者層の感性を刺激するクールなスタイリングと気軽に楽しめるサイズ感で「ちょうどいい」を目指した。今回、日本向けにリリースされた250ccと500ccの2つの仕様に試乗してみた。

新型レブルは「SIMPLE」&「RAW」(未加工の素材)をデザインコンセプトに、スリムなボディや太い前後タイヤを組み合わせ、自由な発想でカスタムして楽しめるスタイルが特徴となっている。エンジンは250が単気筒、500が並列2気筒だが、ともに低回転域でのトルクフルな扱いやすさ、高回転まで気持ち良く伸びる出力特性を実現。あえてメカノイズを強調しつつ心地よいパルス感を演出するなど乗り味にもこだわっている。

250と500だが、外装からフレーム、足まわりまで全て共通なため、なかなか見分けがつかないのだが、エンジンががっしりして大きく見えるのが500だ。

250は軽くてコンパクトでとにかく乗りやすい。69mmのシート高は足着きも抜群で、これなら小柄な女性でも楽々乗りこなせるはずだ。エンジンはCBR250Rがベースということで、単気筒らしい細かいパルス感を伴いながら高回転まで吹け上がる元気の良さが魅力。タイトコーナーの切り返しや交差点の右左折など、何気ない動作の中にも250ならではのヒラリ感があり、街中でも扱いやすい。前後ともにディスクタイプを備えるブレーキも軽量な車体と相まって良く効く。

対する500のエンジンはCBR500シリーズがベースの水冷並列2気筒で、トルクの太さや加速力はやはり500ならでは。一層図太く低い排気音が楽しめ、ワイルドな鼓動感とともにハンドリングにも重厚感がある。タイヤサイズは250と共通の前後16インチの小径・ワイドな設定で、路面を「ゴロッ」と転がっていく独特の旋回フィールが楽しい。

また、フォークにスラント角をつけることでクセのないハンドリングを実現しているのもポイント。フォークが寝たアメリカンモデルにありがちな極低速でのハンドルの切れ込みもなく、軽快で素直なハンドリングが気持ちいい。この辺りのフィーリングは250、500とも共通だ。

250も500も誰でもすぐに乗りこなせる懐の広さが魅力。それでいて各々に個性がある。普段の足として多目的に使いこなしたいなら250、ロングツーリングも想定した乗り味や所有感を求めたいなら500がおすすめかも。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★
ハンドリング:★★★★
扱いやすさ:★★★★★
快適性:★★★★
オススメ度:★★★★★

佐川健太郎|モーターサイクルジャーナリスト
早稲田大学教育学部卒業後、出版・販促コンサルタント会社を経て独立。編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら、「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。(株)モト・マニアックス代表。バイク動画ジャーナル『MOTOCOM』編集長。日本交通心理学会員。MFJ公認インストラクター。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース