【自主改善】マツダ、ドライブレコーダー不具合で録画できず

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

改善箇所
  • 改善箇所
マツダは6月29日、同社が後付け用品として販売したドライブレコーダーに不具合があるとして、国土交通省に自主改善の実施を届け出た。対象となるのは、2016年12月~2017年4月に販売した3183個。

ドライブレコーダーの制御プログラムが不適切なため、警告灯が点灯し、録画できなくなるおそれがある。自主改善として、ドライブレコーダーを点検し、録画機能が作動しない場合は、ドライブレコーダーを対策品と交換する。それ以外は、ドライブレコーダーの制御プログラムを対策プログラムに修正する。

クレームは74件発生している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集