テスラ モデルS と モデルX、全世界でリコール…駐車ブレーキに不具合

自動車 テクノロジー 安全
テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルX
米国のEVメーカー、テスラは4月20日、全世界でおよそ5万3000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、駐車ブレーキの不具合によるもの。テスラによると、サプライヤーから供給された電動パーキングブレーキの部品のひとつ、スモールギアに、製造上の不具合がある可能性があるという。

そして、このスモールギアが破損した場合、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがある。

リコールの対象になるのは、2016年2~10月に生産された車両。『モデルS』と『モデルX』の2車種で、全世界で販売されたおよそ5万3000台が、リコールに該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース