【上海モーターショー2017】MINI ジョンクーパーワークス クロスオーバー、コネクト搭載

自動車 ニューモデル モーターショー

新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
  • 新型MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン
BMWグループのMINIは4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2017において、新型MINI『ジョンクーパーワークス・カントリーマン』をワールドプレミアした。

同車は、新型MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)シリーズの高性能グレード。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを専用チューニング。最大出力231hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。トランスミッションは6速MT、または8速AT「ステップトロニック」。駆動方式は4WDのALL4。0‐100km/h加速6.5秒、最高速234km/hの性能を発揮する。

また、最新の「MINIコネクテッド」を搭載。予定表のデータを基に、実際の走行データを検討して、最適な出発時間をドライバーに伝える機能が付いた。MINIコネクテッドを通して、スマートフォンに保存された住所のデータや予定は自動的に車両に転送。そのため、あらためてナビゲーションシステムに入力する必要はない。

インターネット接続の面では、新たに「MINI Find Mate」を導入。無線の位置検索を可能にする「タグ」機能を備えており、カバン、スーツケース、カギ、リュックサックなど頻繁に利用するものや旅行の必需品に、取り付けることができる。MINI Find Mateに接続しているもので、運転者が絶対に忘れたくないものの位置を、モニター上だけでなくスマートフォン上にも表示できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集