【上海モーターショー2017】アイシングループ、最新ハイブリッドトランスミッションなど展示へ

自動車 ニューモデル モーターショー
アイシングループ ブースイメージ
  • アイシングループ ブースイメージ
アイシングループ6社(アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシンAW、アイシンAI、アドヴィックス)は、4月19日から28日に開催される「上海モーターショー」に共同出展する。

中国では環境に対する要求が年々厳しくなっており、「電動化」や「EV」への期待が高まっている。今回は「小容量FF2モーターハイブリッドトランスミッション」や「電気式4WD駆動ユニット」などを展示し、アイシングループの環境貢献への取り組みを紹介する。

中国市場でも注目が集まっている自動運転に関しては、「アクティブリアステアリング」「電子制御ブレーキシステム」「高機能ESCモジュレーター(横滑り防止装置)」など車両運動統合制御を行う製品や、「ドライバーモニターシステム」「周辺監視システム」などのセンシング技術を追求した製品を展示する。

熱マネージメントシステムとしては、「電動ウォーターポンプ」や「グリルシャッター」など、効率的なエネルギー利用に貢献する製品を展示。また、「パワースライドドア」や「ドアビーム」「アウトサイドハンドル」といった快適・利便を追求する各種車体製品の展示を行う。

そのほか、4種類の形態に変形させることで多用な用途に対応するパーソナルモビリティ「ILY-Ai」を出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集