【SUPER GT】レース運営を支えるのもハイパフォーマンスカー…NSXとマカン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

SUPER GTのセーフティカー、ホンダNSX。
  • SUPER GTのセーフティカー、ホンダNSX。
  • SUPER GTのFRO車両、ボルシェ マカン ターボ。
  • ポルシェ ジャパンの七五三木敏幸社長から、GTAの坂東代表にマカンが贈呈された。
  • 開幕戦岡山のスターティンググリッド、先頭にはセーフティカーのNSX。
  • SUPER GTのセーフティカー、ホンダNSX。
  • SUPER GTのセーフティカー、ホンダNSX。
  • GT500クラスを戦う#8 NSX-GT(予選1位)。
  • GT300クラスを戦う#9 ポルシェ911(決勝3位)。
9日決勝の岡山国際サーキット戦で開幕したSUPER GTの2017年シリーズ。国内外のハイパフォーマンスカーが競演する人気カテゴリーだが、レース運営を支えるオフィシャルカーもそれは同様。セーフティカーにはホンダ『NSX』、FRO車両にはポルシェ『マカンターボ』が使用される。

フォーメーションラップの先導や、レース中のアクシデント時に導入されて隊列スロー走行を率いるなど、レース運営の要ともいえる役割を有するのがセーフティカー(SC)。2017年のSUPER GTではホンダNSXがその任にあたる。

また、アクシデント発生時にドクターらを乗せて現場に急行、ドライバー救出等に力を発揮するFRO(ファースト・レスキュー・オペレーション)車両には、今季からポルシェ・マカンターボが使用されることとなった。従来も『カイエン S E-ハイブリッド』等が使用されており、SUPER GTのFRO車両としては“3代目のポルシェ”になる。

開幕戦では車両を提供するホンダ、ポルシェ ジャパンの両社から、シリーズ運営団体「GTA」の坂東正明代表への贈呈式も実施され、NSXとマカンが任務を開始した。

開幕戦のスターティンググリッドでは、NSX-GTとしての初陣でポールポジションを獲得した#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀&小林崇志)と、その前に位置するSCのNSXとの記念すべき“ツーショット”も実現。そしてレースは波乱続きの展開となり、NSXとマカンの出番が多くなった。NSXにとっては、GT500クラスのNSX-GT勢にトラブルが相次いだことも出動要因となるなど、少々辛い初舞台でもあったが、SUPER GTというハイレベルなレースの先導役として堂々とその役割を演じている。

ポルシェにとってはGT300クラスで#9 GULF NAC PORSCHE 911(J. レスター&峰尾恭輔)が3位表彰台を獲得し、FRO車両マカンの船出にも花を添えるかたちの開幕戦となった。

SCもFROも、本来あまり出番が多くなっては困る立場のマシンだが、これらの車両にもハイパフォーマンスかつ人気の車種が取り揃えられ、それが名脇役として機能しているあたり、SUPER GTの魅力のひとつといえるだろう。グリッドウォーク等では、競技車両のみならず、SCのNSXとFROのマカンにもファンのカメラが向けられていた。

なお、トラブルストップが相次いだGT500クラスのNSX-GTについては、「過去3年以上トラブルフリーの、実績あるパーツに問題が多発してしまった。想定外のことで、原因を研究所にて解析し、富士スピードウェイでの第2戦に向けて万全の対策を施す」との見解が公式コメントとして出ている。

SUPER GT第2戦富士は5月3~4日に開催される。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集