KYB、モータースポーツ部を新設…WECやMotoGP、WRXへの参戦を目指す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
KYB(東京オートサロン2017)
  • KYB(東京オートサロン2017)
KYBグループは3月21日、モータースポーツ活動の強化を目的にモータースポーツ部を新設すると発表した。

モータースポーツ部では、すでに国際的レースなどで活躍している四輪・二輪サスペンション、四輪ステアリングの3製品カテゴリーの諸活動を集約。製品開発、レースサポート、スポンサーシップなどの関連業務を有機的に結びつけ、世界ラリークロス選手権(WRX)、世界耐久選手権(WEC)、MotoGPといった世界トップカテゴリーへの参戦を目指す。

二輪車世界ロードレース選手権では現在、Moto2クラスに参戦する「TECH3」への協賛およびサスペンション供給、技術支援を行っており、2017年度もこれを継続。2019年度をめどにMotoGPへのサスペンション供給を目指す。

WRXでは、参戦チームに電動パワーステアリングの供給・技術支援、ショックアブソーバの新規開発を行っており、2017年度もこれらを継続。WECでは2017年度、LMP2クラス全車への電動パワーステアリング供給、技術支援を計画している。

また、これまでKYBグループ内で個々に行われていたモータースポーツを通じてのブランディング活動を同部にてコーディネートし、さらなるKYBブランドの向上を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集