【F1】ハミルトンが最速、ホンダはトラブルで走り込めず…第1回バルセロナテスト1日目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
  • 2017F1バルセロナ合同テスト1日目
2017シーズン開幕前のF1合同テストが27日、スペインのカタロニアサーキットでスタート。初日はルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

今年はレギュレーションの大幅変更に伴い、マシンの外観がガラリと変わることに。それに伴いラップタイムも飛躍的に向上すると言われていたが、まだチェック走行やデータ収集というテスト初期段階にもかかわらず昨年の予選タイムとほぼ変わらない1分22秒台を記録していた。

そんな中、昨年のチャンピオンチームであるメルセデスは午前にバルテリ・ボッタス、午後にハミルトンがマシンに乗り込み走行。2人合わせて152周を走破し、最後はハミルトンが1分21秒765を記録。早速前年の予選ポールポジションタイムを上回った。

2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。こちらも大きなトラブルなく1日目を終え、128周を走破。ベストタイムは1分21秒878とメルセデス勢に引けを取らない出来だった。

3番手にはフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が入り、1分22秒076。こちらも100周以上走り込んでいた。

注目のマクラーレン・ホンダは、初日はアロンソがテストを担当したがチェックラップの1周を終えて以降トラブルに見舞われ、この日の大半をガレージで過ごすことに。セッション終盤になって再び走行を再開したが、合計29周でベストタイムはトップから3秒遅れの1分24秒852。苦しいスタートとなってしまった。

2017F1バルセロナ合同テスト(1回目)1日目結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分21秒765/73周
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分21秒878/128周
3.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)1分22秒076/103周
4.ケビン・マグヌッセン(ハース)1分22秒894/51周
5.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分22秒926/50周
6.バルテリ・ボッタス(メルセデス)1分23秒169/79周
7.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分23秒709/39周
8.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分24秒494/51周
9.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)1分24秒784/57周
10.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分24秒852/29周
11.マーカス・エリクソン(ザウバー)1分26秒841/72周
《吉田 知弘》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース