部屋ごとにシャワーやバスタブ…『瑞風』87系、車内も公開

鉄道 企業動向

公開式典に続いて外観と車内が公開された87系寝台気動車。6月17日から運行されるクルーズ・トレイン『瑞風』で運用される。
  • 公開式典に続いて外観と車内が公開された87系寝台気動車。6月17日から運行されるクルーズ・トレイン『瑞風』で運用される。
  • 編成両端の先頭車は展望スペース付き。
  • 先頭部には開放タイプの展望スペースも。ただし運行中は編成後方の展望スペースのみ開放される。
  • 『瑞風』の通路。個室を設けたため片側に寄っている。
  • 2人用個室寝台「ロイヤルツイン」。座席が寝台に変換される。
  • 「ロイヤルツイン」の座席を寝台に変換した様子。
  • 「ロイヤルツイン」内にある机。
  • 各部屋ごとにトイレ・洗面台・シャワーが設けられている。写真は「ロイヤルツイン」の洗面台・シャワー。

JR西日本は2月23日、87系寝台気動車の公開記念式典に続いて車内も公開した。6月17日から豪華寝台列車(クルーズ・トレイン)『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』で運用される。

87系は『瑞風』用として製造された車両。展望スペース付きの先頭車2両(1・10号車)と寝台車6両(2~4・7~9号車)、ラウンジ車1両(5号車)、食堂車1両(6号車)で構成される。先頭車は運転台を車体の上部に設置。その下には開放タイプの展望スペースが設けられた。ただし、運行中は安全上の問題から列車後方の展望スペースのみ開放される。このほか、運転台の後方には窓を天井まで広げた展望室が設けられている。

寝台車は2人用個室「ロイヤルツイン」が1両あたり3室設けられているが、一部はバリアフリーに対応したユニバーサル・デザイン仕様の「ロイヤルツイン」や、1人用個室「ロイヤルシングル」も設置。7号車はリビングやバスタブなども設けた最上級個室「ザ・スイート」が1室だけ設けられている。

JR西日本は今回、「ロイヤルツイン」や「ロイヤルシングル」、ラウンジ車、食堂車などを公開したが、「ザ・スイート」は「我々にとって特別な車両。じっくり乗ってもらった上で撮影してほしいが、今回は時間の制約がある」(JR西日本)などとして撮影は禁止。内覧のみ行われた。

《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集