【東京オートサロン2017】 GT-R に装着された超ジュラルミンの鍛造アルミホイール…RAYS

自動車 ニューモデル モーターショー

RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
  • RAYSブース(東京オートサロン17)
WEC耐久レースやGT選手権などの競技用ホイールで有名なRAYSのブースの目玉は、新開発の超ジュラルミンホイールだ。『GT-R』のデモカーに装着され注目を集めていた。他にも『RX-7』、レクサス『RX』など合計7台のデモカーで新製品をラインナップしていた。

超ジュラルミンを加工したホイールは「TE037 DURA」という。13日、オートサロンの初日に正式発表され、会場にプロトタイプが展示されている。デモカーのGT-Rは同社制作で、あまり手を加えていないものだが、独特な穴や「えくぼ」が空いたTE037 DURAがノーマルではないことを主張していた。ホイールだけでだいぶ印象が変わった感じだ。

その他のデモカーはGRAMLIGHTS 57CRを装着したRX-7、WALTZ A&Nを装着したレクサス RX、VOLKRACING TE37 SAGAのBMW『M2』、VERSUS VARIANCE V.V.5.2Sのアウディ『A4 アバント』、DYATONA FDX F6の『プラド』、WALTZ S5-Rのスバル『WRX』だ。

TE37 SAGAは、20年ぶりにリニューアルされたTE37だ。いまでも十分レースで現役のホイールだが、最新の設計技術を取り入れ強度が25%ほどアップしている。ホイールの剛性がアップしたことで、ドライビングのダイレクト感が大幅に改善されたという。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集