【東京オートサロン17】豊田自動織機、女性社員が企画した ヴィッツ コンセプトモデルを展示

自動車 ニューモデル モーターショー
豊田自動織機 ブースイメージ
  • 豊田自動織機 ブースイメージ
  • ヴィッツ ラリーカー
豊田自動織機は、2017年1月13日から15日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2017」に、同社女性社員が大人の女性をターゲットに企画した「ヴィッツ コンセプトモデル」を出展する。

豊田自動織機では、トヨタ自動車より委託を受けて『ヴィッツ』と『RAV4』を生産しているが、「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」をスローガンに掲げ、ユーザーに喜ばれる車づくりをめざして積極的な提案を行う「わが社のViRA活動」を実施している。

その一環として、女性社員が女性向け車両アイテムを企画する「ヴィッツ女子力向上委員会」を組織。今回、「CLASSIC・EFFORTLESS・ELEGANT」をキーワードに、20~30代の大人の女性をターゲットにしたコンセプトモデル「NAVY VELVET」を展示する。

このほか、同社が参戦するJAF全日本ラリー選手権のJN3クラスで年間チャンピオンを獲得した「ヴィッツ ラリーカー」を展示。歴代ヴィッツラリーカーのパネル展示とともに、スポーティなヴィッツの魅力を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集