地元の英雄一家“中嶋ファミリー”も集結、悟氏F1デモ走行 12月11日 岡崎モータースポーツフェスティバル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2016年12月11日に「岡崎モータースポーツフェスティバル」が実施される。
  • 2016年12月11日に「岡崎モータースポーツフェスティバル」が実施される。
  • 2015年の鈴鹿ファン感謝デーで、中嶋悟さんはF1現役時代の愛機「ティレル019」(1990年型)をドライブした。
  • 今年の鈴鹿ファン感謝デーに参加した際の中嶋悟さん。
  • スーパーフォーミュラやWECで活躍中の中嶋一貴選手。
  • 今季のスーパーフォーミュラで中嶋一貴選手が駆った「VANTELIN KOWA TOM'S SF14」。
  • スーパーフォーミュラやSUPER GTで活躍中の中嶋大祐選手。
  • 今季のSUPER GTで中嶋大祐選手とB.バゲット選手のコンビが走らせている「Epson NSX CONCEPT-GT」。
  • 2013年シーズンのSUPER GTを走っていた「Epson HSV-010」(当時のドライバーは中嶋大祐選手と道上龍選手)。
12月11日に愛知県岡崎市で開催される「岡崎モータースポーツフェスティバル」に、地元出身のトップレーサーファミリー「中嶋家」の悟、一貴、大祐の各氏(監督/選手)が参加、デモ走行やトークショーでイベントを盛り上げる。

このイベントは岡崎市制100周年記念事業の一環として催されるもの。自動車関連産業との関わりが深い地域性に、日本を代表するトップレーサーを2世代に渡り3名輩出している中嶋ファミリーの地元という“お国柄”もリンクさせ、モータースポーツの魅力発信とファン拡大、交通安全の啓発、さらにはものづくりの面での次世代育成等を目的に実施される。

主役はやはり中嶋ファミリーだ。現役時に日本人初のF1レギュラードライバーとなり、現在はスーパーフォーミュラ(SF)やSUPER GTに参戦するナカジマレーシングを率いている中嶋悟監督。その長男でF1参戦経験があり、現在は世界耐久選手権(WEC)とSFを主戦場にしている一貴選手。そして次男、SFとSUPER GTをナカジマレーシングで戦っている大祐選手。3人によるトークショーやデモ走行が実施される。

デモ走行のマシンは、悟監督が自身F1現役時の「ティレル」、一貴選手が今季のSF参戦車であるTOM'Sチームの「SF14」、大祐選手は2013年シーズンのホンダのSUPER GT(GT500クラス)参戦車「HSV-010 GT」になる予定。

また、トヨタが来季からワークス参戦を再開する世界ラリー選手権(WRC)のブースPR、ホンダはNSX展示、三菱もアウトランダーPHEVの展示等を行なう予定で、クラシックレーシングカーのデモ走行&展示もあるなど、モータースポーツ、自動車関連の魅力的なプログラムが目白押し。「岡崎うまいもん屋」というグルメコーナー等もある。

地元のゆるキャラ「オカザえもん」の登場も予定されているこのイベントの会場は岡崎中央総合公園、開催時間は10~16時。中嶋ファミリーのトークショーは13時30分開始予定となっている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集