JR貨物、「がんばろう九州」ラッピング機関車を運行 10月下旬から

鉄道 企業動向

ラッピング機関車のイメージ。10月下旬から運用される。
  • ラッピング機関車のイメージ。10月下旬から運用される。
  • ラッピングのイメージ。「がんばろう九州」のメッセージや、「くまモン」などの自治体キャラクターでデザインされた。
JR貨物は10月12日、九州の各線で「がんばろう九州」のラッピング機関車を運行すると発表した。今年4月に発生した熊本地震からの早期復興への願いを込め、車体を「くまモン」など被災した自治体のマスコットキャラクターで装飾する。

発表によると、ED76形電気機関車2両とEF81形電気機関車2両を使用。「がんばろう九州」のメッセージと、熊本県の「くまモン」、大分県の「めじろん」、熊本市の「ひごまる」で車体を装飾する。環境負荷軽減を目的とした鉄道貨物輸送に取り組んでいる企業などが使用できる「エコレールマーク」も使われる。

ラッピング機関車は10月下旬から2年間、運行される予定。鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線の北九州貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル間や香椎~福岡貨物ターミナル間、日豊本線の小倉~南延岡間、長崎本線の鳥栖~鍋島間で運用される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集