【F1 モナコGP】雨の決勝は波乱の連続、ハミルトン待望の今季初優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
  • 2016F1モナコGP決勝
2016年のF1第6戦モナコGPの決勝レースが29日、モンテカルロ市街地コースで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季初優勝を飾った。

前日までのドライコンディションから一転し、決勝は雨模様に。スタート時は雨量が多かったことから安全のためセーフティカースタートが宣告された。

7周目にセーフティカーがピットに入り本格的なレースが始まるかに思われたが、直後にジュリオン・パーマー(ルノー)が1コーナーでクラッシュ。その後もアクシデントが続出し、計78周のレースで4度のバーチャルセーフティカー導入という、最近のモナコでは珍しい大荒れのレースとなった。

またレースが進むにつれて天候も回復。優勝争いはポールポジションからスタートしたダニエル・リチャルド(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の一騎打ちに。レインタイヤからドライタイヤへの交換するタイミングでトップに躍り出たハミルトン。終盤までリチャルドと接近したバトルを展開したが、最後までミスのない走りを披露。そのままトップチェッカーをうけ、待望の今季初優勝を獲得した。

2位にはリチャルド、3位にはセルジオ・ペレス(フォースインディア)が入り、ともに今季初の表彰台を獲得。ランキング首位で2番手からスタートしたニコ・ロズベルグ(メルセデス)は、7位でフィニッシュした。

マクラーレン・ホンダ勢は、混乱したレース展開の中で2台とも力強い走りを披露。フェルナンド・アロンソは着実に順位を上げ5位。ジェンソン・バトンも順位を上げ9位に入りダブル入賞を果たした。

2016F1モナコGP決勝結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
3.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
4.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
6.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
7.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
8.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)
9.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
10.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集