カワサキ D-トラッカーX、18年の歴史に幕…ファイナルエディションを発売

モーターサイクル 新型車

カワサキ D-トラッカーX ファイナルエディション
  • カワサキ D-トラッカーX ファイナルエディション
  • カワサキ D-トラッカーX ファイナルエディション
カワサキモータースジャパンは、スーパーモタード『D-トラッカーX』のファイナルエディションを5月15日より発売する。

D-トラッカーシリーズは、1998年にデュアルパーパス『KLX250』の派生モデルとしてデビュー。前後タイヤを17インチのオンロードタイプに換装し、スタイリッシュな外観と扱いやすい車体特性で人気を博してきた。

ファイナルエディションは、シュラウドに大きく「D」が描かれた懐かしさ溢れるグラフィックに加え、「Final Edition」のロゴをデザインに採用。ホイールリムにはアルマイト加工が施され、有終の美をかざるにふさわしい1台に仕上がっている。主要諸元に変更はない。

価格は58万5360円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集