【MotoGP 日本GP】往年のグランプリマシンを“裸”で魅せる…RASHIN展

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
  • 往年のグランプリマシンが一堂に会する…RASHIN展
ツインリンクもてぎで開催中のMotoGP 日本グランプリ。迫力の走り、サウンドを感じることができるビクトリースタンド近くで、ぜひともチェックしたいのが「RASHIN」展だ。

2010年に大好評となり、多くのファンを魅了した「RASHIN」展が、世界グランプリに日本3メーカーが揃ったことを記念し、パワーアップして再び開催されている。

世界の舞台で競い合いながら、技術革新を起こしていったホンダ、スズキ、ヤマハのグランプリマシンを1970年代から揃え、カウルレスで紹介。同時代に活躍したマシンたちが放つ機能美をじっくり眺めることができる。

展示車両は次の通り。
・ホンダ:NS500(1984年)、NSR500(1984年、1988年、1989年)
・スズキ: RGB500(1980年)、RG-Γ(1982年)、RGV-Γ(1988年、1993年)
・ヤマハ: YZR500(1978年、1983年、1988年、1992年)
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース