【アウディ TT ロードスター 試乗】剛性の高さが効いた全天候型オープンスポーツ…吉田匠

試乗記 輸入車

アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
  • アウディ TT ロードスター
『TTS』に続いて『TTロードスター』に乗った。いうまでもなくオープンボディの『TT』で、コクピットは2シーターとなる。スタイリングも、クーペのテールゲート付きファストバックから、バランスのいいサイズと形状の電動ソフトトップを備える、ノッチバックになる。

メカニズム的には、2リットル直4直噴ターボの2.0 TFSIエンジンは標準型の230psと370Nmを生み出す仕様で、トランスミッションは6段Sトロニック、それでいて駆動系は『クワトロ』、つまり4WDというスペックを持つ。結果、車重はFWDのTTより150kg重く、TTクワトロより100kg重い、1470kgになる。

そこで、トップを下したオープンコクピットに収まると、高いウエストラインに対して低く潜り込んだような着座位置が、スポーツカーらしい雰囲気を演出する。パッケージングはオープン2シーターとして可もなし不可もなし、まあ平均点というところか。

SトロニックをDレンジに入れてスロットルを踏み込むと、TTロードスターは軽々と走り出した。3代目TTのなかでは最も車重のあるクルマだが、パフォーマンスは想像するよりずっと軽快かつ活発で、TTSのようなシャープな力強さこそ感じられないものの、爽快な勢いでスピードを上げていく。ステアリングパドルを備えるSトロニックの切れのいいシフトも、加速に爽快感を与えている一因といっていいだろう。

だが、TTロードスターで最も印象的だったのは、オープンボディの剛性感の高さだった。はっきいってかなり緩かった初代TTロードスターと比べるまでもなく、剛性の高いクルマが多い今日のオープンモデルのなかにあっても、TTロードスターボディの剛性感は、かなり上位にランクできるのではないかと思われる。

結果、乗り心地がかなり快適なのに加えて、ハンドリングにもクーペベースのオープンモデルにありがちな曖昧な感触がなく、正確なラインを描いて気持ちよくコーナーを抜けていく。しかも4WDだけに、悪天候に遭遇しても強みを発揮するはずだ。つまりTTロードスター、なかなか魅力的な全天候型オープンスポーツに仕上がっているように思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1971年、青山学院大学卒業と同時に自動車専門誌『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。1985年、同社を円満退社、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。1989年以来、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『僕の恋人がカニ目になってから』(ニ玄社)、『男は黙ってスポーツカー』『ポルシェ911全仕事』『男は笑ってスポーツセダン』(双葉社)など、著書多数。
《吉田匠》

編集部おすすめのニュース

特集