JR西日本、栓抜きなど復刻した観光列車を岡山で運行…2016年春から

鉄道 企業動向

キハ47形改造車「ノスタルジー」のイメージ。2016年春から津山線などで運行する。
  • キハ47形改造車「ノスタルジー」のイメージ。2016年春から津山線などで運行する。
  • 「ノスタルジー」の車内イメージ。国鉄時代の普通車の標準的な内装を再現する。
  • 「ノスタルジー」の車内イメージ。座席は青色モケットで瓶ジュース用の栓抜きも復刻する。
  • キハ40系は朱色1色の塗装(奥)でデビューしたが、JR東日本の烏山線では、キハ40系が登場する前の一般形気動車で採用されていた、クリームと赤の2色塗装(手前)に変更した車両も運行されている。
  • 缶飲料が普及する前の国鉄車両には、窓側のテーブルに瓶ジュース用の栓抜きが設置されていた。
JR西日本岡山支社は9月17日、JRの大型観光キャンペーン「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン(岡山DC)」にあわせ、「ノスタルジックな外装・内装」を施した観光列車を津山線などで運行すると発表した。2016年春から運行する。

発表によると、キハ40系気動車のキハ47形改造車2両を使用。「レトロなタイムカプセルに乗って、さあ懐かしいまちへ!」をコンセプトとし、車両の愛称は「ノスタルジー」とする。座席定員は136人で、かつてキハ20系気動車などの国鉄一般形気動車で採用されていた、クリームと赤の2色塗装(一般色)を車体に施す。

車内も国鉄時代の普通車の標準的な内装を再現。青色モケットの座席や瓶ジュース用の栓抜きなど、「懐かしいインテリア」を復刻する。このほか、窓の上部を使って岡山県北部エリアの観光スポットを紹介する。

2016年春の津山線での運行開始時には、『みまさかノスタルジー』の列車名で運行する予定。運行時刻や車内サービスなどの詳細は今後案内するとしている。

キハ40系は1977年、「首都圏色」と呼ばれる朱色1色の塗装で登場しており、それ以前の一般形気動車の標準色だった一般色は採用されなかった。しかし、最近ではJR東日本の烏山線で運用されているキハ40形などで一般色が採用されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集