【トヨタ シエンタ ハイブリッド 試乗】すんなりとスムースな乗り味…島崎七生人

試乗記 国産車
トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
幻でなければ街中で新型『シエンタ』のタクシーを早速、見かけた。ニッサン『キューブ3(キュービック)』のタクシーを初めて見たときも新鮮だったが、適度におどけててソフトな印象が悪くなかった。確か黒に青の挿し色だった。

自家用車として選ぶ際、ボディ色は悩みどころだ。街中で眼前を横切ったオーナー車で“エアーイエロー”は相当なお目立ち度だった。無難なセンでいくなら、試乗車の“ホワイトパールクリスタルシャイン”か。いや、この色も決して退屈ではなく、個性的なスタイルと相まって、日本車離れしたコダワリ感のある雰囲気を醸し出す。

あとはガソリン車か? ハイブリッドか? だが、初期受注は半々の比率だったとのこと。ただし長い目で見れば、軽快な走りのガソリン車もいいが、日々の経済性にメリットが高いハイブリッドがやはりオススメだ。

ハイブリッドの走りは、最初だけブレーキのタッチに僅かな違和感を覚えたものの、1時間以内(試乗枠内)には慣れ、問題なくなった。それよりガソリン車+60kgほどの車重と16インチタイヤの安定感で、すんなりとスムースな乗り味なのがいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集