【フランクフルトモーターショー15】VWグループ、EVやPHV 20車種以上を投入へ…2020年までに

自動車 ニューモデル モーターショー
VW ティグアン GTE
  • VW ティグアン GTE
  • ポルシェ ミッションE
  • アウディ e-トロン・クワトロ コンセプト
  • VWグループナイト
  • VWグループナイト
  • フォルクスワーゲン ゴルフ GTE
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社が、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境対応車を、従来以上に積極的に投入する意向を打ち出した。

これは9月14日夜、フォルクスワーゲングループが開催したフランクフルトモーターショー15のプレビューイベントにおいて、同社のマルティン・ビンターコルンCEOが明らかにしたもの。

同CEOは、「2020年までに、20以上のEVとPHVを発売する」と発表している。

すでにフォルクスワーゲン乗用車ブランドでは、主力車種の『ゴルフ』にPHVの『ゴルフGTE』と、EVの『e-ゴルフ』を設定済み。今後は、グループの各ブランドでも、環境対応車の投入ペースを加速させていく。

具体的には、コンパクトカーから大型サルーンまで、幅広く環境対応車のラインナップを強化。フォルクスワーゲングループによると、次期『フェートン』とアウディ『A8』に、EVまたはPHVを設定するという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集