【スバル クロスオーバー7 試乗】醸し出す「わきまえた大人の雰囲気」…島崎七生人

試乗記 国産車
スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
カタログには『エクシーガ』の名が小さく残る。けれど、じっくりと付き合うほどに、このクルマの“弁(わきま)えた大人の雰囲気”がジワジワと気に入った。かなり秀逸なファミリーカーに思えたのだった。

外観スタイルはいい。フロントグリルはベース車のマスクに取ってつけた感がまったくなく、上品で落ち着いた佇まいになっている。最低地上高を170mmを確保した全体のフォルムも、スポーティさより上品さが先に立つ。スーパーの駐車場に停めても、いかにもアウトドア派ですね…といった主張が強過ぎないのがいい。

室内空間は3列シートだけあり明るく広々感がある。立ったAピラーやフードが視界に入ることが運転のしやすさに繋がっている。それと、インパネまわりは前世代のモデルがベースだが、現行世代(インプレッサなど)で助手席側インパネ内部付近から聞こえる“最小でも耳につく空調ブロワの音”が、コチラではしない。そういったこともさり気なく上質感につながっている。

走りは全体が穏やか。とくに乗り心地はどの領域でもサスペンションのストロークがタップリと感じられて心地いい。3列シート車…と連想するより回頭性も自然で、街中でも扱いやすい。そしてAWDで保証され、コーナリング時の安定感も十分。

2.5リットルエンジンは、排気量に見合った余裕が光る。カタログ燃費は13.2km/リットルだが、街中、高速織り交ぜて普通に走って、今回は10km/リットルを少し超える程度の消費率だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集