【ハーレー 2016年モデル】軍用からインスパイア、FLSS ソフテイルスリム S がデビュー

モーターサイクル 新型車
FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
  • FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
  • FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
  • FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
  • FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
  • FLSS ソフテイルスリム S(画像は米国仕様)
発表されたばかりのハーレーダビッドソン2016年モデル。注目は『Sシリーズ』とネーミングされた2台の上級仕様車だ。

そのうちの1台は『FLSS ソフテイルスリム』に設定され、『FLSS SOFTAIL SLIM S』としてリリースされる。

なんとエンジンは、受注生産の特別仕様車『CVO』にしかこれまで搭載されてこなかったツインカム110B。1801ccというハーレー最大の排気量を持つだけでなく、レース部門からフィードバックされた「スクリーミンイーグル」のチューニングパーツで組み上げられていて、その高いポテンシャルは“最強エンジン”と言うに相応しい。

さらにこれまで、ソフテイルファミリーには搭載されていなかった油圧クラッチや電子制御クルーズコントロールといったワンランク上の装備を採用。

外装も手の込んだ仕上がりで、燃料タンクには米軍機などでお馴染みのホワイトスターがあしらわれた。

これは軍用ハーレー『WLA』を彷彿させるもので、50年代のアメリカで流行したボバーカスタムからヒントを得たFLS ソフテイルスリムにはとても似合う。今秋の主役となるのは間違いないだろう。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集