ホンダ アコード、米国でクーペにも2016年型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
  • ホンダ アコード クーペ の2016年モデル
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは8月10日、『アコード クーペ』の2016年モデルを発表した。

北米向けの『アコード』に関しては、7月下旬、4ドアセダンが先行して大幅改良を実施。それから遅れること約半月、2ドアクーペにも大幅改良が施された。

改良の内容は、セダンに準じる。内外装を中心に改良を加え、商品力を引き上げた。外観は、フロントマスクをリフレッシュ。新デザインのグリル、ヘッドライト、バンパーが採用された。リアは、LEDテールランプやバンパーが新しい。新デザインのアルミホイールも用意される。

室内は、7インチのタッチパネルを新採用。ホンダ車として初めて、アップルの「CarPlay」 とグーグルの「Android Auto」に対応させた。全グレードに、ホンダの最新安全システム、「ホンダ・センシング」が用意されている。メーターも新デザイン。

エンジンは従来通り、2.4リットル直列4気筒と、3.5リットルV型6気筒のガソリン2機種。3.5リットルには、気筒休止システムが導入されている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース