プジョー、クリーンディーゼル車を日本へ…秋の東京モーターショーで正式発表

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
  • プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
  • プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
  • プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
  • プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
  • プジョー 308GT(写真は欧州仕様)
フランスの大衆車ブランド、プジョーが日本市場にクリーンディーゼル車を導入する。プジョー・シトロエン ジャポンが、一部メディア向けイベントの中で明らかにした。正式発表は今年10月に開催される東京モーターショーとなる。

トヨタ、ホンダが展開するハイブリッド車の牙城を崩すべく、次世代環境対応車として欧州ブランドを中心にクリーンディーゼル車の積極投入が続く。

環境負荷が低く燃費が良いクリーンディーゼル車は、メルセデスベンツやBMWなど欧州プレミアムブランドを中心に日本市場へ積極投入されている。直近では7月にボルボが5車種への導入を発表、ドイツ大衆車ブランドのフォルクスワーゲンも、近くクリーンディーゼル車を発表する予定だ。国産車ではマツダが積極的にアピールし、日本における市場形成の一役を担った。

こうした背景を受けプジョーは、欧州での販売の主力であるクリーンディーゼル車を日本で発売する。既に公開されている情報では、フォルクスワーゲン『ゴルフ』と同クラスのハッチバック車『308』に6速ATと組み合わされ登場する予定。正式な販売時期や詳細スペックについては、秋の東京モーターショーで明らかになるもよう。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集