メルセデス、AMGスポーツモデル第1弾、C450 4マチック を発売

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
  • メルセデスベンツ C450 AMG 4マチック
メルセデス・ベンツ日本は、AMGスポーツモデルの第1弾として、『C450 AMG 4マチック』を発表し、7月21日より注文受付を開始した。発売は9月の予定。

AMGスポーツモデルは、メルセデス-AMGが専用開発した高出力V6エンジンと、 パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4マチック」を備えたメルセデス-AMGの新コンセプト。C450 AMG 4マチックが今年1月のデトロイトモーターショーで初公開されたモデルだ。

パワートレーンは、最高出力367ps、最大トルク520Nmを発揮する専用開発の3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジンと、7速AT「7G-トロニック」の組み合わせ。0-100km/h加速4.9秒(欧州仕様参考値・ステーションワゴンは5.0秒)というパフォーマンスを実現する。

また、パフォーマンス志向の四輪駆動「AMG 4マチック」をCクラスで初めて採用。駆動力の変動によるステア特性の変化が少ないため、直線でもコーナーでもドライバーの意志とひとつになって正確に路面をトレースする安定した挙動を実現する。

エクステリアは、シングルルーバー付ダイヤモンドグリル、AMGトランクリッドスポイラーリップやブラックデュアルツインエグゾーストエンド、ハイグロスブラック19インチAMGツインスポークアルミホイールなどを採用する。

価格はセダンが863万円、ステーションワゴンが943万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集