ルノー・日産、EVの世界累計販売台数25万台…4年半で達成

エコカー EV
ルノー ZOE の改良モデル
  • ルノー ZOE の改良モデル
  • 日産・リーフ
ルノー・日産アライアンスは6月24日、グループ全体のEVの世界累計販売台数が25万台に到達した、と発表した。

ルノー・日産アライアンスの最初の市販EVが、日産『リーフ』。2010年12月、まずは日本と米国で発売された。その後、欧州など、世界市場に販売エリアを拡大している。

また、ルノーは2011年10月、同社初の市販EVとして、『カングーZ.E.』を発売。その後、『トゥイジー』、『ゾエ』と、市販EVのラインナップを拡大してきた。

EVの世界累計販売台数25万台は、日産リーフの発売から、およそ4年半で達成した記録。なお、リーフの世界累計販売台数は、18万5000台。その内訳は、米国が約8万台、日本が約5万3500台、欧州が約4万1500台。なお、記念すべきグループの累計25万台目のEVは、ルノー ゾエだった。

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「政府のインセンティブや充電インフラの拡大のおかげで、我々のEVに対する需要は伸びている」と、語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集