【日産 NV200タクシー 発売】片桐副社長「ワゴン型になっていくのは時間の問題」

自動車 ニューモデル 新型車
日産自動車 片桐隆夫 副社長
  • 日産自動車 片桐隆夫 副社長
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
日産自動車の片桐隆夫副社長は6月8日に東京都内で開いた『NV200タクシー』の出発式で報道陣の囲み取材に応じ、「まずワゴン型がタクシーとして当たり前だというふうに早くしたい。そのためにも我々も努力していきたい」と述べた。

片桐副社長は「ニューヨークにしてもヨーロッパにしても、やはり急速にワゴン型が広まってきているので、本当はワゴン型の方が理にかなっている面がやはりある」と強調した。

その一方で「まずはワゴン型タクシーがタクシーとして認知されることが非常に大事。事業者、ドライバー、そしてなんといってもお客様、東京は非常に流しが多い中で、どうもこういうクルマを止めて良いのかなという部分がまだあって、そういったものを乗り越えていきたい」とも指摘した。

というのも「お客様が大きい車だから(料金が)割高なんじゃないのかとか、一人(乗車)でも大丈夫なのかとか色々と(不安が)ある」からで、「そういったところをやはり乗り越える工夫というのは(タクシー事業者の)各社さんにして頂いているなと思うし、私どももそういうフィードバックをもらってマーケティング活動に生かしていきたい」と述べた。

日産はNV200タクシーの導入を前に『セドリック セダン』をベースにしたタクシー仕様車の生産を2014年9月に終了しており、今後はワンボックスワゴン型が日産のタクシー仕様車となる。片桐副社長は「いつかは新しいトレンドに切り替えていかなければいけないという意味では、今回が大きな決断の時期であったかなと思う」との考えを示した。

さらに「これからの社会的なトレンドを考えると、どうしてもワゴン型の方がお客様にとって、あるいは運転手さんにとってもメリットはあると考えている。だからこそ海外でも、やはり非常にロジカルに考えると、例えばニューヨークとか含めてどんどん切り替わっているのもそういうことだろう。もう時間の問題だと思っている」とも話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産 NV200タクシー 発売】出発式を都内で開催、35台が都心をパレード走行 画像 【日産 NV200タクシー 発売】出発式を都内で開催、35台が都心をパレード走行
  • 【日産 NV200タクシー 発売】星野専務、東京五輪に向け「ワゴン型の市場は成長する」 画像 【日産 NV200タクシー 発売】星野専務、東京五輪に向け「ワゴン型の市場は成長する」
  • 富士通テン、クラウド型タクシー配車システムを発売…ビッグデータ連携で効率アップ 画像 富士通テン、クラウド型タクシー配車システムを発売…ビッグデータ連携で効率アップ
  • 自動運転によるロボットタクシー開発へ…ZMPとDeNA、新会社を設立 画像 自動運転によるロボットタクシー開発へ…ZMPとDeNA、新会社を設立

特集

おすすめのニュース