【ジュネーブモーターショー15】BMW アルピナ に創立50周年記念車、「エディション50」…600psに強化

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW アルピナ の エディション50(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW アルピナ の エディション50(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW アルピナ の エディション50(ジュネーブモーターショー15)
  • BMW アルピナ の エディション50
  • BMW アルピナ の エディション50
  • BMW アルピナ の エディション50
  • BMW アルピナ の エディション50
  • BMW アルピナ の エディション50
  • BMW アルピナ の エディション50
BMWの高性能車を開発・販売するドイツの「アルピナ」は3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、「エディション50」を初公開した。

エディション50は、アルピナの創立50周年を記念したモデル。BMW『5シリーズ』ベースの『B5ビターボ』、BMW『6シリーズ』ベースの『B6ビターボ』に設定され、全世界で各50台が限定発売される。

直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、さらなる高性能化を求めて、アルピナがチューニング。その結果、最高出力600ps、最大トルク81.6kgmのパワフルなスペックを獲得する。

トランスミッションは、スイッチトロニック付き8速AT。0-100km/h加速4.2秒、最高速328km/h(B5ビターボ)/330km/h(B6ビターボ)の優れたパフォーマンスを実現した。

内外装は、アルピナらしい仕上げ。細かいスポークが特徴の20インチのアルミホイールや、ボディサイドのストライプなどが装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集