ボルボ V40 2015年モデル…「ツーリングシャシー」採用で性格が大きく変化

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
  • ボルボ V40 2015年モデル
ボルボのエントリーモデル『V40』が2015年モデルとして刷新された。最新安全装備のフル採用(インテリセーフ10)や、新世代ナビ、LEDドライビングライトなど多岐にわたる変更の中でも、注目は快適性を重視した「ツーリングシャシー」の採用による走りと取り回しの変化だ。

2013年2月、ボルボの新しいエントリーモデルとして登場したV40は、「日本に最適なサイズ」(ボルボ広報)やデザインが好評で、現在では販売の約50%を占める人気モデルに成長した。若年層を意識した仕上がりとなっていたこともあり、廉価グレードの「T4」でも180馬力のパワフルなエンジンと、「ダイナミックシャシー」による力強く安定した走り、応答性に優れたハンドリングなど、スポーティな味付けを特徴としていた。

一方で、コンパクトハッチならではの取り回しや、ボルボらしい快適性という部分では課題があった。そこで2015年モデルの「T4 / T4 SE」グレードでは、快適性を重視したツーリングシャシーを採用、その性格を大きく方向転換させている。

具体的には、従来のダイナミックシャシー比でフロント10%、リア12%ソフトにしたスプリング、フロントスタビライザーの変更、リアダンパーをモノチューブ式から新開発のツインチューブ式に変更するなど大幅な改良が加えられている。路面のアンジュレーションをなめすような走りは、ワンクラス上の『S60/V60』を感じさせるもの。

また、T4 SEではアルミホイール、タイヤサイズを変更、「Segomo」7.5J×17 225/45R17から「Mannan」7.0J×17 205/50R17へとリム幅の狭いタイヤ&ホイールとすることで、最小回転半径を5.7mから5.2mへと低減、取り回しを大幅に改良し、コンパクトカーとしての実用性を高めている。従来のV40 T4をドライブしたことがあれば、スタートしステアリングを切った瞬間にその違いを実感できるだろう。

価格は「V40 T4」が315万円、LEDドライビングライトやHDDナビを標準装備した「V40 T4 SE」が365万円。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集