【F1 日本GP】急用で観戦できなかった時のために…「チケット補償」新導入

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • F1日本GP(木)ファンイベント:
  • F1日本GP(木)ファンイベント:ゲートオープンの様子
  • 2014F1日本GP
  • F1 日本GP 2014
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
9月25~27日に開催されるF1日本GPのチケット販売が3月7日から開始となる。鈴鹿サーキットは今年、新たにチケットガード少額短期保険株式会社とともに新サービス「レースチケット補償保険」を導入することを発表した。

せっかくチケットを購入したのにレース当日に急な出張や病気などで観戦に行けず、数万円かけて買ったチケットが無駄になってしまった…というファンもいるのではないだろうか。こうした人たち向けに鈴鹿サーキットは今年、新たにチケットガード少額短期保険株式会社とともに新システム「レースチケット補償保険」を実施する。

これは、事前に申し込み・加入料金を支払うことで、チケットを使用する人に急な入院、仕事の出張、まだ家族の入院や死亡、またレースイベント当日の交通機関の大幅な遅延など特定の事由で観戦出来なかった場合、観戦チケットの料金が保険金として受け取れるというシステム。こういった形でサーキット側が観戦チケットを補償するサービスを導入するのは過去に例がない。

申込期間はレースチケット購入後から14日以内。加入料金や観戦できなかった場合の細かい例などの詳細は2月中旬に改めて発表予定だ。

世界最高峰のモータースポーツであるF1は、チケットだけでも数万円する高額なもの。そのため仕事の都合などを気にして直前までチケット購入を控え、人気席の獲得を諦めていたファンにとっては少し朗報と言えるシステムかもしれない。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集