オデッセイ 一部改良、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・オデッセイ Gエアロパッケージ
  • ホンダ・オデッセイ Gエアロパッケージ
  • ホンダ センシング イメージ
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート 20thアニバーサリー
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート 20thアニバーサリー
  • ホンダ・オデッセイ G・EX
  • ホンダ・オデッセイ G・EX
  • ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>作動イメージ図
  • Honda SENSING 機能イメージ図
ホンダは、上級ミニバン『オデッセイ』を一部改良、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載し、1月23日より発売する。

ホンダ センシングは、ミリ波レーダーと単眼カメラによる高精度な検知機能でクルマの前方の状況を認識。衝突軽減ブレーキ(CMBS)や誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、LKAS(車線維持支援システム)、路外逸脱抑制機能、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など、多彩な機能で、安心・快適な運転や事故回避を支援する。

価格はオデッセイが276万円から350万円、同アブソルートが303万4000円から373万1000円。なおホンダ センシングは、「G・EX」「アブソルート(FF/7人乗り)」「アブソルート(4WD)」「アブソルート・20thアニバーサリー」「アブソルート・EX」に標準装備。その他のタイプはメーカーオプションとなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集