【デトロイトモーターショー15】シボレーのPHV、ボルト 新型…EVモードは4割以上拡大

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
  • 新型 シボレー ボルト(デトロイトモーターショー15)
2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドのブースの主役は、新型『ボルト』(VOLT)が務めた。

2世代目となる新型ボルトでは、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレインを一新。2モーターの PHVシステムは、現行比で電費効率をおよそ5-12%引き上げた。加速性能は、現行比で20%以上アップ。45kgの軽量化も図る。

また、二次電池は、韓国のLG化学と共同開発。蓄電容量は、現行比で20%向上させ、セルの総数は288から192へ低減。バッテリー単体重量も、13kg軽量化。さらに、発電用の直列4気筒ガソリンエンジンは、排気量を現行の1.4リットルから1.5リットルに拡大。新開発の直噴ユニットとした。

シボレーが強調するのは、EVモード時の航続可能距離。新型では、従来型の約56kmから、およそ80kmへ、航続距離を4割以上も伸ばす。エンジンと合わせると、最大でおよそ680km以上を走行できる見込み。

デトロイトモーターショー15のプレスカンファレンスには、GM北米部門のアラン・ベーティ社長が登壇。同社長は、「新型の開発にあたり、多くのボルトの顧客からフィードバックを得た。新型は自動車メーカーの中で、最も優れたPHV」と自信を見せた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集