【ダイハツ コペン エクスプレイ 試乗】CVTの穏やかな走りの魅力…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
『コペン エクスプレイ』には、5速MTとともにCVTモデルが用意される。「ローブ」同様の展開で、車検証上の車両重量は980kg(前 / 後=540 / 330kg)で、MT車との車重差20kgは前側の差となっている。

車重差による走りへの影響は、ごく小さいもの。試乗はルーフを閉じて行なったが、ボディの剛性感がいっそう実感できるこの状態で、MT車に対し、僅かに乗り味がしっとりとし、ステアリングの反応も、乗り較べると多少穏やかな印象。カジュアルな個性派モデルとしてコペンを日常的に乗りこなしたい…そう考えるユーザーに、このCVTモデルは相応しい選択肢に思える。

動力性能は不満なし。CVTとの組み合わせながら適正な動力性能が引き出され、街中でも、郊外のちょっと走りを楽しみたいような場面でも不満のない走りが手に入る。

試乗車には純正ナビも装着されていた。ベースのインパネは潔さ重視で、あえてAV類の装着を想定しないデザイン。だが別に専用の「インパネオーディオクラスター」が用意され、カーナビ等の装着は可能だ。実車の印象だが、7型ワイド画面はタイトな運転席ではかなり立派な存在感。むしろ最近見かける薄型のタブレットを立て掛けた風のデザインも今風で、ルックスを軽くでき、コペンにフィットすると想像するのだが、いかがだろう?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集