【ダイハツ ムーヴ 試乗】実用と機能が見える新型デザイン…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
  • ダイハツ ムーヴ X“SA”
軽の本流。ダイハツ自身そう位置づける『ムーヴ』が、最新型にバトンタッチされた。その仕上がりぶりは手堅く、「なるほど」と頷かされるばかり…だ。

試乗車はムーヴ X “SA”。外観はここ何代かそうだったように、ジワッとした変化感。けれどよく観察するとキャビンが随分と箱らしくなり、フロントガラスとノーズの角度もつき、機能&実用性がより見える形になった。テールランプは上下にLEDを仕込んだ導光式で、光る面積はレクサス『LS』以上なのだそう。

バックドアが横開きではなくなったのは残念。ただし『タント』や『ウェイク』同様、ドアは樹脂製なので、軽い力で開け閉めでき、力加減を問わず閉まり音もパフッ! と実に静かなのが美点だ。後席はスペースも十分で、着座位置に対しウエストラインが低めのため、見晴らし感覚の明るい視界を確保している。

走りも快適だ。ボディの軽量化&高剛性化、足回りの安定性などが新型のこだわりのポイントだが、確かに安心感、快適性の高い走りっぷりが体感できる。14インチタイヤの標準車は乗り心地のしなやかさ、ロードノイズの低さにも好感がもてる。JC08モード燃費31.0km/リットルのNAエンジンはCVTとの組み合わせで、実用上十分な加速を示してくれ、ステアリングの“PWRスイッチ”で切り替えれば、まるで仮想ターボ(!)のように、明らかに力強い加速も発揮してくれる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集