【デトロイトモーターショー15】MINI ハッチバック 新型に最強の「JCW」…2.0ターボは231hp

自動車 ニューモデル 新型車
新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
  • 新型 MINI ハッチバック の ジョンクーパーワークス
BMWグループのMINI は12月10日、新型MINI『ハッチバック』の「ジョンクーパーワークス」(JCW)の概要を明らかにした。実車は2015年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー15で初公開される。

同車は、新型MINIハッチバックの頂点に立つ高性能グレード。歴代モデル同様、新型にもJCWが用意される。MINIは2014年のデトロイトモーターショー14に、MINIハッチバックの「ジョンクーパーワークスコンセプト」を出品。それから1年を経て、市販版が登場した。

ハイライトは、エンジン。新型MINIハッチバックの「クーパーS」グレード用の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニング。最大出力は231hp/5200-6000rpm、最大トルクは32.6kgm/1250-4800rpmを獲得する。

このスペックは、ベースエンジンの最大出力192hp、最大トルク30.6kgm(オーバーブーストモード)に対して、39hp、2kgmの強化。トランスミッションは6速MTまたは6速AT「ステップトロニック」。新型は、0‐100km/h加速6.1‐6.3秒、最高速246km/hのパフォーマンスを実現した。

足回りは、ブレンボ製ブレーキをはじめ、サスペンションを専用チューン。内外装は、スポーティなデザイン。新型のハッチバックに対して、専用バンパーやエアロパーツを装備して迫力アップ。足元は17インチの専用アルミホイールで引き締めた。室内には、スポーツシートや専用ステアリングホイール、ステンレス製ペダルなどが採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集