【F1】マクラーレン・ホンダ「MP4/29H 1×1」がアブダビを走った

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
  • マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
2014年のF1最終戦アブダビGPが行われたヤス・マリーナ・サーキットで25日、公式合同テストが行われ、来季からタッグを組むことが決まっているマクラーレン・ホンダも参加した。

今季型の『MP4/29』にホンダが新開発したパワーユニットを搭載した『MP4/29H 1×1』で登場。ボディには「HONDA」のロゴマークも大きく貼られ、チームスタッフのユニフォームにも「H」マークが描かれた新バージョンに変わっていた。

またマクラーレンは来季のドライバー体制について動きがあると見られているが、今回は正ドライバーが担当せずテストドライバーのストフェル・バンドーンがステアリングを握った。

公式テスト初参加とあって、注目が集まったが、午前中に電気系トラブルが発生し早々とガレージイン。午後にも別のトラブルが発生し、この日は3周の走行でタイム計測を行えないまま終了した。

結果だけを観ると厳しいスタートに見えがちだが、11月上旬にイギリス・シルバーストンでシェイクダウンを行なって以来、実走行でのテストはこれが2回目。初期トラブルを洗い出して、本格的なスピードアップはこれからといったところだろう。いよいよ2015年シーズンの復活に向けて本格的に動き出したマクラーレン・ホンダが今後どのようにマシンとパワーユニットの熟成を進めていくのか、目が離せないところだ。

テストは同地で明日26日も行われる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集