【スカイラインハイブリッド エコラン競争】駿河湾沼津SAまで燃費20.1km/リットル、前区間上回る

自動車 ニューモデル 新型車
スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
日産『スカイラインハイブリッド』を使ったエコラン大会。本誌編集部のスカイラインハイブリッドは、横浜の日産グローバル本社をスタートしてから、駿河湾沼津サービスエリアまでの燃費が、20.1km/リットルだった。

同大会には多数のメディア関係者が参加しており、本誌編集部も“モード燃費超え!”を目指してエコランに挑戦中。

スカイラインのハイブリッドシステムでは、下り坂などでエンジンを停止してモーターのみで走る、慣性走行(日産では:セーリング走行と呼ぶ)をうまく引き出すのが燃費を良くするコツとなる。

東名高速の上り勾配の多い御殿場までの区間は、エンジンが始動してしまうため17km/リットル台に燃費が悪化した。

大会のコースは、横浜の日産グローバル本社から静岡県静岡市にある日本平ホテルまでのおおよそ170km、高速道路をメインにしたコース。残りの日本平ホテルまでは比較的平坦な道路が続くコース。目標とする“モード燃費超え!”は達成できそうであるが、20km/リットル超えした他ライバル誌もあるといい“どこまで燃費を伸ばせることができるのか?”、限界に挑む。
《》

編集部おすすめのニュース

特集