【ロサンゼルスモーターショー14】アウディ R8 に最強の「コンペティション」…5.2リットルV10は570hp

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
  • アウディ R8 コンペティション
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月28日、米国で11月に開催されるロサンゼルスモーターショー14において、『R8コンペティション』を初公開すると発表した。

同車はアウディのスーパーカー、『R8』の性能をさらに研ぎ澄まさせた米国向けの限定車。デザインやパフォーマンスに関しては、アウディR8のレーシングカー、『R8 LMS』から、インスピレーションを得ている。

ミッドシップに置かれる自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」エンジンは、最大出力を525hpから570hpへ、45hp向上。アウディは、「アウディ史上、最もパワフルな量産車」と説明する。

トランスミッションは7速Sトロニック。0-96km/h加速は3.2秒で駆け抜け、最高速は320km/hに到達する。アウディによると、今までで最速のR8になるという。

R8コンペティションでは、内外装も専用仕立て。外観は、固定式リアスポイラーやフロントリップスポイラー、ディフューザー、サイドブレードなどが、カーボンファイバー製。カーボンセラミックブレーキと赤いブレーキキャリパーも装備した。室内は、センターコンソールなどが、カーボンファイバー仕上げとなり、ドアシルには、光る「R8 competition」のロゴ入りプレートが添えられる。

R8コンペティションは、米国向けに60台を限定生産。納車は2015年初頭からを予定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集