【トヨタ プロボックス 試乗】商用バンの王者らしい「ソツない走り」…島崎七生人

試乗記 国産車

トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
  • トヨタ プロボックス GL
試乗車のグレードは「GL」。何か雰囲気が違う?と思わせられたのは、バンパーコーナーがボディ色(オプション)になっていたためだ。

現代風話し言葉でいうと“逆に”塗装前のプラモデルのように見えるのは、黒のバンパーコーナーのイメージが強いため? ちなみにGLはドアハンドル、ドアミラーハウジング、バックドアガーニッシュがボディ色になり、ドアサッシの“縦”の部分がブラックアウトに。これらはバンパーコーナーとはさらに逆に、幾分か乗用車的に見えて落ち着く。

今回は実際の“使用者”の気持ちになり、高速、山道、スーパーの駐車場(!)など、リアルワールドで試してみた。するとあらゆる場面でソツなく走ってくれるのが確認できた。とくに高速走行、登坂路では普通のアクセル操作で事足り、必要に応じシフトをSモードにすれば、加速の力強さが増す。乗り心地のフラットさも予想以上。LTタイヤとはいえ、ステアリングからの情報量が増えればなおいい。エンジン音、タイヤノイズは昔の4ナンバー車に較べたら問題にならないくらい低く快適ではある。

自分のバッグが置けるセンターコンソール、ペットボトル置き(底面に不織布が仕込まれている)、隙間からA4ファイルが放り込めるグローブボックスなど、いずれも便利なことは確か。ただし見栄えを考えて“見せない収納”もありなのではないか?とも思う。

また、まさに重箱の隅をつつくと、中央のレジスター(エアコン吹き出し口)や空調ダイヤル周囲などに、デザインとして爪楊枝の頭ほどの“細い溝”があるが、ホコリが溜まりやすく掃除しづらそう(掃除しなさそう?)なので、スッキリした表面処理のほうがありがたいのでは?とも感じた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集