【ロサンゼルスモーターショー14】マツダ ロードスター 新型、北米仕様は2.0リットル搭載が決定

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・ロードスター
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ ロードスター 新型
マツダは10月28日、米国で11月18日に開幕するロサンゼルスモーターショー14において、新型『MX-5』(日本名:新型『ロードスター』)を、北米プレミアすると発表した。

マツダは今回、新型ロードスターの北米プレミアに合わせて、重要発表を行った。それは、「北米仕様車には、SKYACTIV-G の2.0ガソリンエンジンを搭載する」ということ。

欧州マツダは10月上旬、パリモーターショー14の開幕に合わせて、新型『ロードスター』の詳細を発表。新型ロードスターの欧州仕様のパワートレインについて、「SKYACTIV-Gの1.5ガソリンエンジン」と公表していた。

欧州向けには1.5リットル、北米向けには2.0リットルの搭載が決定した新型ロードスター。マツダは、「新型ロードスター用に縦置きし、専用チューニングを施した1.5および2.0のSKYACTIV-Gガソリンエンジンを、市場ごとに適切なラインアップで展開していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集