【モータースポーツジャパン 14】三菱 MiEV Evolution III と ランエボ X ゼロカー、迫力ある走りを披露

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

三菱『MiEV Evolution III』
  • 三菱『MiEV Evolution III』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
  • 三菱『ランサー エボリューション X』
25・26日に開催された「モータースポーツジャパン フェスティバル イン お台場2014」で、三菱は新旧2台のレーシングカーを使用し、迫力あるデモ走行を披露した。

まずは2007年のラリージャパンゼロカー仕様の『ランサー エボリューション X』が登場。三好秀昌選手がステアリングを握った。すでに生産終了が決定しているランエボだが、今年もモータースポーツジャパンの走行エリアを縦横無尽に走行。ランエボらしい力強い走りを披露してくれた。

続いて登場したのはアメリカのパイクスピークに参戦している『MiEV Evolution III』。こちらには増岡浩選手が乗り込んだ。

電気自動車のプロトタイプカーであるため、通常のレーシングカーとは異なりエンジン音はない。オフィシャルからスタートの合図が出されると無音の状態で加速。観覧エリアにいた観客たちも、その静かさに驚いた様子だった。それを尻目に増岡選手は徐々にスピードアップ。最大出力450kWの高性能モーターでタイヤスモークを上げながら、お台場の特設会場を疾走した。

この2台は三菱自動車のブースでも2日間展示され、来場者の注目を集めていた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集