【モータースポーツジャパン14】ダカール仕様のトラックの荷台、何が積まれている?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

日野レンジャーダカール仕様
  • 日野レンジャーダカール仕様
  • ダカール仕様トラックのコックピット
  • メーター類はほぼノーマル
  • 日野レンジャーダカール仕様
  • 扇風機は必需品?
  • 前後ともダブルダンパー
  • 荷台の中はこうなっている。コース上ではこのタイヤを2人で交換する
  • チーム菅原によるトークショー
日野自動車は、日野『レンジャー』をベースにしたダカールラリー仕様のトラックを展示して、デモ走行やチーム菅原のドライバーやナビによるトークショーなどを開催していた。

モータースポーツジャパンに展示されるのは、乗用車やフォーミュラーカーだけではない。ダカールラリーには伝統的にカミオンクラス(トラックの部門)が存在しており、日野自動車は毎年参加を続け、初参戦以来23回連続で完走している。2014年のイベントでは10トン以下クラスで5連覇を達成している。

トークショーにはチームメンバーのうち、菅原義正監督以下、菅原照仁ドライバー、羽村勝美ドライバー、若林葉子ナビ、杉浦博之ナビの5名が参加した。菅原照仁ドライバーによると「トラックで競技に参加していると、荷台には何を積んでいるのかよく聞かれます。」という。しかし積んでいるのは「基本的にはスペアタイヤのみです。昔はテントなども積んでいましたが、現在は少しでも軽くするため余計なものはなるべく積まないようにしています。」とのことだ。

展示車両の後方にまわってみると確かにタイヤが積まれている。しかし、トラック用でかつ砂漠用のためかなり大きいタイヤだ。重さは1本で100kg以上あるというが、コース上でのタイヤ交換はドライバーとナビの2名で手作業で行うそうだ。荷台からの上げ下ろしも大変そうだが、交換作業も2人で行わなければならない。

なお、ダカール仕様の日野レンジャーのコックピットも座らせてもらうことができる。これも、モータースポーツジャパンならではのサービスといえるだろう。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集