プロトン、韓LGと共同で電気自動車開発…「アイリス」ベースに試作

エマージング・マーケット 東南アジア

国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは電気自動車(EV)の大量生産計画を進めている。ムスタパ・モハメド通産相が自身の「フェイスブック」で明らかにした。

同相は、韓国ソウルにあるLGエレクトロニクスの研究・開発(R&D)施設で撮影されたプロトン『アイリス』のEVプロトタイプの写真をアップロードした。一度の充電で240kmを走行することができるという。これはマレーシアでも販売が始まっている日産『リーフ』の200kmを上回る。

プロトンとLGエレクトロニクスは数か月に渡りEVの開発を進めている。アイリスのプロトタイプは2台あり、うち1台はプロトンの「テクノロジー・ウィーク」のためにマレーシアに持ち込まれたという。

プロトンは、EVの大量生産を開始するまでにはインフラ整備やインセンティブ、市場からの受容など様々な条件を整える必要があるとして、近い将来に実現できるわけではないとしている。また、新国家自動車政策(NAP)ではハイブリッド車向けのインセンティブは盛り込まれたが、EV向けのインセンティブは明確になっていないとし、高額の費用が必要なEVを大量生産し普及させるには政府による支援も不可欠との考えを示している。

完全輸入車となっている日産リーフは保険、充電ポイントの設置費用などを含めて16万8,800リンギとなっている。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、10月2日)
千田真理子

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集