【パリモーターショー14】スズキ ビターラ 新型を発表…日本では エスクード に?

自動車 ニューモデル モーターショー

新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
  • 新型スズキ ビターラ
スズキは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、新型『ビターラ』を初公開した。

ビターラの車名は、およそ25年前の1988年、欧州市場に投入された初代『エスクード』の現地名。今回、小型のスタイリッシュSUVとして、ビターラがパリモーターショー14で復活を果たした。

新型ビターラは2013年秋、フランクフルトモーターショー13に出品された『iV-4コンセプト』の市販版。ひと目でスズキのSUVと識別できるデザインを採用する。ボディサイズは、全長4175mm、全幅1775mm、全高1610mm、ホイールベース2500mm。

欧州仕様のエンジンは、ガソリンとディーゼルで、ともに1.6リットル直列4気筒。ガソリンは最大出力120ps、最大トルク15.9kgmを発生。ターボディーゼルは、最大出力120ps、最大トルク32.6kgmを引き出す。トランスミッションは、ガソリンが5速MTと6速AT。ディーゼルは6速MT。

オプションで、「オールグリップ」と呼ばれる最新の4WDシステムを用意。路面の状態や走行シーンに応じて、オート、スポーツ、スノー、ロックの4モードが切り替えられる。なお、最低地上高は185mm。

新型ビターラは、スズキのハンガリー工場において、2015年初頭から生産される予定。欧州市場で発売された後、スズキのグローバル小型SUVとして、世界市場へ投入される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集